スマートフォン版に切り替える

Stories of coins and color stones

金を買うべきか、コインを買うべきか

2018年11月13日

みなさんこんにちは。

「金を買ったほうがいいのでしょうか、
それともコインを買ったほうがいいのでしょうか」。

これはお客様からよくいただく質問です。

コインも金も現物という点では同類ですので、
多くの方が両者の違いをよく理解されていないのだと思います。

コインのなかでも特に金貨は金でできていますので、
金(Gold)の親せき程度に考えている方が
多いように思います。

今回はそのような方のために、投資対象としてみた場合の
金とコイン(特に金貨)の違いについて、
説明させていただきたいと思います。

例えば私たちが300万円のおカネで投資する
としたら、金とコインどちらに投資すべきなのでしょう。

まず価格変動という観点で両者を比べてみましょう。

金は値動きが小さく安定した資産だとお考えの方が
多いのですが、決してそんなことはありません。

金はその時々の需給で大きく値が動きます、
例えば2013年は金価格が大きく動いた年ですが、
同年の最安値と最高値は以下のようにずいぶんと開きがあります。

  • 最安値(6/28):1オンス=1192ドル
  • 最高値(1/2):1オンス=1695ドル

上記だけをみれば株の価格変動率と大差ないようにすら
見えてしまいます、2013年は値動きが大きな一年ではありましたが、
全般的にみて金相場は決して安定しているわけではありません。

つまり安全ではあるが、
決して安定はしていないということです。

ではコインのほうはどうでしょう。

例えば金貨は一般的に90%程度の金と、
残り10%程度の銀や銅などの合金です。

このように材質的には大半が金で占められているのですが、
例えば金貨が金相場と連動して動くわけではありません。

なぜでしょうか。

イギリスで、1600年代以降造られた5ギニーと呼ばれる
金貨を例にとって考えてみましょう。

5ギニーには約38グラムの金が含まれています。

現在の金価格はグラムあたり税込み4800円ほどですので、
金属としての5ギニーの価値は18万円ほどになります。

一方で5ギニーの現在の相場はいかほどかといいますと、
もちろん状態や鋳造年にもよりますが、まあざっくりと
300万円ほどだといってよいでしょう。

300万円の5ギニーのうち、金(Gold)としての価値が18万円
だとすれば、残り282万円はいったいどこから来ているのでしょう。

こたえは希少性です。

つまり簡単に言えば5ギニーの価格のうち、
金属としての価値は18万円すなわち6%にすぎず、
残りの94%は希少性から来ていることになるわけです。

さきほど見たように金の価格は結構大きく変動していますが、
5ギニー全体に占める金の比率はわずか6%に過ぎません。

では残り94%の希少価値のほうはどのように動いているのでしょう。

厳密に言えば、この希少価値部分も日々動いているのかもしれませんが、
コインは株や債券など金融商品とは違って、交換市場で常に売買
されているわけではありません。

ですから日々動いているかもしれないのですが、
誰もそれを意識してはいないのです。

せいぜい世界のあちこちで開かれるオークションの落札価格をみて、
大きな相場の流れがわかる程度に過ぎません。

しかもファンドや機関投資家など、
ペーパーアセットの世界で活躍するマネーは、
コインの世界に入って来ることはありません。

いくつか理由がありますが、最大の理由は市場が小さすぎて、
大規模なマネーを吸収することができないからだと思います。

ですから株や債券、FXなどと違って、
値を下げたからといってパニック的に売る投資家もいなければ、
逆に値を上げたからといって急いでカイを入れる投資家もいません。

まあおっとりとしたもので、株や債券の市場と比べると、
僕などはコインの世界は時間が止まっているようにすら見えます。

つまり94%の希少性をめがけて、売ったり買ったりする
参加者はおらず、希少価値が大きく変動しているようには
見えません。

またコインは主に個人の趣味の世界であり、
相続でもない限り、一度手に入れたコインを手放すことは
ありません。

銘柄入れ替えのため、あるコインを売ることはあっても、
大概の場合、その売却資金で別のコインを買うことになります。

一方であいかわらず一定数の方がコインの世界に入ってこられます、
最近では中国はじめ富裕になったアジアの方々が、自国のコインを
買うケースが増えてきました。

新興国の成長だけではなく、同地域における貧富の拡大もまた、
コイン収集人口の増加の一因になっているように思います。

少し長くなりましたが、上記のような理由でコインは、
金と違って値動きがおとなしく、なおかつ安定的に
価格が上昇してきたといえるでしょう。

一方でコインにはいくつかの問題点もあります。

まず一つ目は売買のコストの高さです。。

金(Gold)の場合も売買手数料は発生しますが、
それでもせいぜい片道1%弱(注)ほどに過ぎません。

注)バーチャージが別途必要です。

これに対してコインはどうでしょう。

コイン商はコイン売買において一般的に40-60%程度の利益を得ますし、
私たちが直接オークションで購入する場合でも、
10%~20%程度の手数料をオークション会社に支払わなければなりません。

ですからコインの売買で利益を得ようとするならば、
少なくとも30%程度コインが値上がりしなければなりません。

このようなことからコインへの投資は金と違って、
ある程度の期間は持たなければ成果は出ないといえるでしょう。

コイン投資のもう一つの問題点は、
銘柄があまりに多く、高い専門性が要求されるという点です。

その点で金(Gold)はいいですね。

金といえば金しかなく、
金の中にいくつもの銘柄があるわけではありません、
両方知っている僕から見れば、金のほうがよほど
単純に見えてしまいます。

対してコインはどうでしょうか。

銘柄の違い、
状態に違い、
年号の違い、
年代に違い、
国や地域の違い、
デザインの違い・・・

全てのコインに精通するためには長い年月と情熱が
求められますし、さらにその上で今後どのような銘柄が
伸びてゆくのかといった、相場観も求められます。

最初からすべてのコインに精通するのは無理だとしても、
少なくともご自分が興味のある領域を見つけ、その範囲の
中で少しずつでも理解を深めてゆかなくてはなりません。

逆に言えばコインや歴史に対する興味を持てない人は、
よいアドバイザーを持つことが大切で、
それはそれで面倒なことかもしれません。

以上みてまいりましたように、
コインと金は材質が同じでも、
投資という観点でみれば全く違います。

またコインと金はそれぞれに長所と短所があり、
一概にどっちが良くてどっちが悪いということはできません。

まずは双方の長所短所を理解することが重要です、
そのうえで皆さんお一人お一人の適性や資産運用に関する考え方によって、
どちらをお選びになるべきか考える必要があると言えるでしょう。

では今回はこのへんで。