スマートフォン版に切り替える

Looking for valuable coins

古代ローマの大型銅貨の魅力

2020年6月10日

古代コインはいいですよ!

なにしろ2000年ほども前に、
実際に使われていたコインが比較的安価に手に入りますので・・・

なんといっても帝政ローマの花形はアウレウス金貨ですが、銅貨もまた金貨と違った魅力があります、銅貨といってっもさまざまなサイズがありますが、なかでも僕が好きなのはセステルティウスと呼ばれる銅貨です。

セステルティウスは当時使われていた大型の黄銅貨です、黄銅は青銅よりも高価でかつ美しく、造られた当時は金色に輝いていたといわれています。セステルティウスは初代皇帝アウグストゥスの貨幣改革によって黄銅貨に衣替えされましたが、それ以前は小型の銀貨でした、おそらく銀の調達が困難になり銀貨から銅貨に変わったのではないかと思います。ちなみに当時の平均的なローマ市民の年収は1000セステルティウスだったと試算されていますので、大雑把に言えば当時の1セステルティウスは現在の価値で5000円程度ではなかったでしょうか。

(帝政ローマ、トラヤヌス時代のセステルティウス銅貨)

重さもずっしり重量感がありますし、大きいだけあって表面の皇帝の肖像や裏面の図柄など細かく刻印されていて見入ってしまいます。


(トラヤヌスのどアップ!)

コインのふちに描かれた文字も意味が分かりだすと面白いですよ、ラテン文字ですがローマ字とほぼ同じです、2000年も前に描かれた文字が今でも読めるなんて・・・僕も最初はそこに驚きました。

もちろん現在の価値は金貨(アウレウス)には及びませんが、表面に描かれた皇帝の肖像や裏面のデザインなども細密で、美術品や歴史資料として見た場合、むしろセステルティウスのほうが優れているのではないかとさえ僕は思います。

さて上記のコインについてです。

表面に描かれているのはトラヤヌス、帝政ローマ13代目の皇帝で、いわゆる「五賢帝」の一人です。トラヤヌスは当時ダキアとよばれたヨーロッパ東部に侵攻し、2度に及ぶ「ダキア戦争」に勝ちローマの版図を広げました。表面のフチにはIMP CAES NERVA TRAIANO AVG GER DACとラテン語で書かれていますが、これは皇帝ネルヴァ・トラヤヌス・アウグストゥス・ゲルマニクス・ダキコの略で、これがトラヤヌスの正式な(名前+称号)です、そのあとにCOSⅤ という文字もみえますが、これはトラヤヌスが5回目にコンスル(注)に就任した際このコインを鋳造したことを示しています。なお最後のDACはダキアです。トラヤヌス像の首の前あたりに描かれているのはイージス(aegis)で、これはイージス艦の語源でもある「無敵の盾」です。

注)コンスル:民会の主宰と軍団の指揮者を兼ねた古代ローマ帝国の高官、CONSUL

裏面は平和の女神パクスの立像です、当時はパクス・ローマと呼ばれヨーロッパ世界はローマの繁栄のもとでの平和を享受しました、パクスの周囲に描かれた文字はPPQR OPTIMO PRINCIPIと読めます、PPQRはSenatus Populusque Romanasの略で、元老院ローマ人民の意味です、おそらく元老院や人民と協調し安定感のある政治を目指したことに由来しているのではないかと思います。

パクス神の立像は右手にオリーブ、左手には富の象徴コーヌコピアを持っています。パクスの腰あたりに刻印されたSCの文字は「元老院(Senatvs Consvlt)決議」の略で、このコインが元老院の承認のもとに発行されたことを表しています。ちょっと見づらいですがパクス神が右足で踏みつけているのはダキア人です。「どこがパクス(平和)だ!」と突っ込みたくなりますが・・・

セステルティウスは日常使われていたコインだけに状態が良いものは稀です、表面(おもてめん)はツルツルで、皇帝の表情はほとんど読み取れず文字も解読不能なものが大半です。鑑定してケースに入れに値するコインもめったにないようで、大半は裸のままのコインです。一般的なセステルティウスの状態はG(Good)からF(Fine)程度にすぎず、そのようなコインならせいぜい数万円程度で入手可能です。

もし皆さんが歴史に興味をお持ちでセステルティウスを手元に置きたいとお考えなら、できるだけ状態の良いものをお選びください、皇帝の表情やふちに描かれた文字など克明に刻まれたコインには投資対象を超えた価値がありますし、所有者として満足感は応えられません。

セステルティウスの鑑賞について

セステルティスウスを入手されたなら、ぜひ直射日光下でご覧になってみてください、長時間太陽光にあてるのはお勧めしませんが短時間なら問題ないでしょう。外光の元でご覧になれば、セステルティウスのすばらしさをおわかりいただけると思いますよ!