スマートフォン版に切り替える

Looking for valuable coins

ロシアのウクライナ侵攻から考える質的分散の大切さ

2022年2月28日

一寸先は闇とよく言われますが、
まさに私たちはその闇を見てしまいました。

多くのウクライナの人たちは国境を超えポーランドやルーマニアに出国したようです、
もし彼らが一枚の金貨をポケットに入れていたとしたら、いくぶんの救いにはなったことでしょう。

これは私たち日本人にとって他人事ではありません。

この出来事の根っこに中国の経済的台頭があるのなら、
アジアでも同じような現象が起きても不思議はありません。

とくに東アジアは南シナ海や尖閣諸島、台湾、北朝鮮など、
紛争の起点となりえる危ない場所がいくつもあります。

仮に局地的な紛争にとどまったとしても、
私たちは被害を免れないことを今回の出来事から学びました。

私たちがまず備えておかねばならないのは、
有事に発動される大規模な経済制裁の影響です。

中国との輸出入の停止、SWIFTからの排除、資産の凍結などが行われた場合、
株価や債券市場、商品相場は大荒れになるでしょう。

中国の経済規模はロシアの比ではありません。

同国からの輸入依存度が高いレアアースやリチウムイオン電池は入手困難になるでしょうし、逆にアルミや銅などは禁輸によって値崩れするでしょう、一方で貴金属は上昇です。

台湾が侵攻されたら半導体の供給がストップし、
世界経済は大きな打撃を受けるに違いありません。

台湾での有事は、ウクライナ有事の比ではないはずです。

ふだん私たちはこのような有事を意識しませんが、
先週来ウクライナで起きたことを見ていると、
意識しないわけにはゆきません。

べつに有事を煽るわけではありませんが備えあれば患いなしです、
いまあらためて資産の質的分散の大切さを知る思いです。